メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「安倍式政治主導」の正体=与良正男

 今の安倍政治を象徴するような発言だった。「ない」としてきた自衛隊イラク派遣時の日報が見つかった問題で、当事者の一人、稲田朋美元防衛相はこう言った。

 「日報は『ない』という報告だった。怒りを禁じ得ない」

 防衛省・自衛隊にだまされた被害者だという顔をされても困る。もしだまされていたとすれば組織を統率する能力に欠けていたことを自ら認めたようなものだ。責任逃れの姿勢にあぜんとした。

 稲田氏は防衛相だった昨年2月「日報は本当にないのか」と統幕幹部に尋ねたとも言う。だが疑問を持っていたのなら、なぜその2日前の国会で「日報は残っていないことを確認した」と断言したのか。あまりに軽率だ。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです