メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワセダ・ミステリ・クラブ

多くの作家輩出、設立60年を祝う

 北村薫さん、折原一さん、宮内悠介さんら多くの作家、評論家、翻訳家らを輩出した早稲田大学の「ワセダ・ミステリ・クラブ」が設立60周年を迎え、このほど東京都内で記念パーティーが開かれた。出身者ではないが作家の月村了衛さん、評論家の権田萬治さんらも招かれ、200人超が集まってにぎやかに祝った。

     同クラブは1957年、江戸川乱歩を顧問に発足。後を追うように設立された「立教ミステリ・クラブ」(現在は存続していない)や、先駆けて活動していた「慶應義塾大学推理小説同好会」のOBが来賓として招かれ、現役当時の交流を懐かしんだ。

     北村さんは乱歩が編集していた探偵小説誌『宝石』に掲載された座談会「推理小説早慶戦」について、誌面を示しながら内容に言及。宮内さんは「小説を書いていて未来は未知数だと思うが、クラブのおかげで基礎体力はついていた。このあいだ日本推理作家協会のマージャン大会で準優勝しましたが、そちらは紛れもなくクラブのおかげ」とあいさつし、盛んな拍手を浴びた。【内藤麻里子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 近鉄 南大阪線、近く再開へ 橋脚傾き修復
    3. 新型加速器 初の素粒子衝突に成功 物質誕生の謎解明へ
    4. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]