吉里吉里忌

大学時代からの友人・小川さん講演、故井上ひさしさん語り継ぐ 故郷・川西で15日に /山形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 川西町出身の直木賞作家・劇作家の故井上ひさしさんを語り継ぐ「吉里吉里忌」(同実行委員会、同町、井上事務所主催)が15日、町フレンドリープラザ(同町上小松)で開かれる。井上さんの代表的小説「吉里吉里人」にちなんで今年で4回目。

 午後1時から「わが友井上ひさし」と題して、上智大時代からの友人の小川荘六さんが講演する。同2時半からは「井上ひさしさんとのいくつかの思い出から」をテーマに、演出家の栗山民也さんが語る。

 閉会行事では、県内の演劇人、高校生、町民ら25人で結成した朗読の会「星座」が、井上さんの作品「子どもにつたえる日本国憲法」から前文のテキストを朗読する。今回初めての試みで、昨年11月から練習を続けてきたという。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文550文字)

あわせて読みたい

ニュース特集