メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下原遺跡

縄文人エゴマ栽培? 土器に実付着 相模原 /神奈川

 相模原市南区当麻にある縄文時代中期(約5000年前)の下原遺跡から出土した土器片に、シソ科植物エゴマの実が無数に付着していたことが、同市立博物館学芸員の中川真人さんらの分析で確認された。土器を製作する際に粘土に混ぜ込んだとみられ、縄文人がエゴマを食用や祭事用などに栽培していた可能性がある。

 下原遺跡は1987年に発掘調査された環状集落。中央広場にあった墓域の土坑墓から無数の穴(直径1~2ミリ)が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです