メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

受賞の軌跡たどる 県ゆかり7人紹介 県と名古屋市、市科学館に施設整備 /愛知

 県と名古屋市は愛知ゆかりのノーベル賞受賞者7人の業績を伝える施設を、名古屋市科学館(同市中区)に整備する。模擬実験や映像などを通じて受賞者たちの研究を分かりやすく紹介し、次世代を担う子供たちの好奇心や探究心を育てたい考え。約9億円をかけ2020年度のオープンを目指す。【三浦研吾】

 県と同市が発表した基本計画によると、施設は科学館地下2階のサイエンスホールを改修して整備する。壁一面の大型スクリーンに研究内容を紹介する動画を流すほか▽論文や研究ノート、実験道具を並べ、研究者の足…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです