メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

要約筆記者

受講生募る 聴覚障害者へ同時通訳 神戸市と明石市 /兵庫

 神戸市と明石市は、「要約筆記者」の養成講座の受講生をそれぞれ募集している。

 要約筆記者とは、言わば文字を使った同時通訳のこと。要約筆記者は話し手の発言内容を要約して文字に起こし、聴覚障害者(中途失聴者、難聴者)に内容を伝える。

 両市の講座はともに、市内在住・在勤・在学の18歳以上が募集対象。全日程への8割以上の出席率と、受講後の要約筆記者活動が応募条件になっている。講座の日程などは次の通り。

 <神戸市>6月6日~来年1月23日の毎週水曜日(一部を除く)、神戸市灘区岸地通1の県立聴覚障害者情…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. ゾゾへの出品中止相次ぐ アパレル大手、値引きに反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです