メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

要約筆記者

受講生募る 聴覚障害者へ同時通訳 神戸市と明石市 /兵庫

 神戸市と明石市は、「要約筆記者」の養成講座の受講生をそれぞれ募集している。

 要約筆記者とは、言わば文字を使った同時通訳のこと。要約筆記者は話し手の発言内容を要約して文字に起こし、聴覚障害者(中途失聴者、難聴者)に内容を伝える。

 両市の講座はともに、市内在住・在勤・在学の18歳以上が募集対象。全日程への8割以上の出席率と、受講後の要約筆記者活動が応募条件になっている。講座の日程などは次の通り。

 <神戸市>6月6日~来年1月23日の毎週水曜日(一部を除く)、神戸市灘区岸地通1の県立聴覚障害者情…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]