メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三江線が走る町から

山陰の鉄路を考える/17 最終列車に花火と拍手 見送り、進むための儀式 /島根

三江線運行最終日に宇都井駅前に集う人々=島根県邑南町宇都井で、田原幹夫さん撮影

 ついにそのときがやってきた。3月31日午後8時41分、JR三江線宇都井(うづい)駅(邑南町宇都井)を発車する最終列車。その停車中に上がった花火を、車内の乗客やホームに上がった住民、田んぼにカメラを構えた撮り鉄(鉄道写真愛好家)たちと見守った。花火が終わり、車両がトンネルに消えた瞬間、大きな拍手が沸き起こった。

 宇都井の住民たちは3月18日から駅のライトアップを続けてきた。全国から訪れる人をもてなしたい、とL…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1280文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです