メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰

小倉南・地域づくり協、自生ガシャモク再生 /福岡

 西日本では小倉南区のため池だけに自生する水草・ガシャモクの保護に取り組む団体が「『みどりの日』自然環境功労者環境大臣表彰」を受けることになった。環境省で16日に開かれる表彰式は欠席するが、代表の清水敬司さん(70)は「思いもかけないこと。協働して取り組んだ皆さんのおかげです」と喜んでいる。

 団体はガシャモク再生の会、呼野町内自治会、市立市丸小などで構成する「ガシャモクおよび自生地の保全と活用を軸とした新しい地域づくり協議会」。2011年に結成された。

 深さ約3メートルの池では、1987年にガシャモクが確認され99年までは順調に生育していたが、00年…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです