医療ビッグデータ

提供同意、初診時書面で 法基本方針案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 患者の治療歴などの情報を匿名化して研究に活用する「次世代医療基盤法」(医療ビッグデータ法)の基本方針案が10日、判明した。医療機関が患者に情報提供の意思を確認する際、原則「最初の受診時に書面で行う」としている。与党の了承を得て5月11日の施行までに決定する方針。

 同法は、治療内容の記録に当たる診療報酬明細書(レセプト)や健康診断など患者情報について、国に認定された事業者が匿名化し、製薬会社や…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

あわせて読みたい

注目の特集