メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

シリア軍事行動示唆 化学兵器疑惑 仏英と対処連携

国連安全保障理事会の緊急会合で発言するヘイリー米国連大使(前列)=ニューヨークの国連本部で9日、ロイター

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は9日、自国民に化学兵器を使用したとみられるシリアのアサド政権への対応について「我々に軍事的選択肢は数多くある」と発言、「今夜か、その後短い間に決断する」と述べ、昨年4月以来となるシリア政府への軍事攻撃に踏み切る可能性を強く示唆した。ホワイトハウスで開いた軍幹部との会合で述べた。

 トランプ氏は同日、マクロン仏大統領と前日に続き電話協議した。マクロン氏はシリアによる化学兵器使用が…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  2. 政府、新型肺炎を「指定感染症」に 28日にも武漢チャーター機 茂木外相「現地に560人」

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです