メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

政治の責任を問う ずさん管理、罰則検討 大口善徳・公明党国対委員長

=佐々木順一撮影

 --財務省理財局職員が、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡って学園側にごみの撤去で口裏合わせを要請していた。

 ◆言語道断だ。財務省は把握している事実を早急に表に出すべきだ。今国会中にすべてのうみを出し切る必要がある。

 --財務省の決裁文書改ざん、自衛隊の海外派遣時の日報隠蔽(いんぺい)と深刻な問題が相次ぐ。

 ◆行政をチェックする国会に改ざん文書を出すことは民主主義の根幹にかかわる。「官庁の中の官庁」といわ…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです