メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

政治の責任を問う ずさん管理、罰則検討 大口善徳・公明党国対委員長

=佐々木順一撮影

 --財務省理財局職員が、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡って学園側にごみの撤去で口裏合わせを要請していた。

 ◆言語道断だ。財務省は把握している事実を早急に表に出すべきだ。今国会中にすべてのうみを出し切る必要がある。

 --財務省の決裁文書改ざん、自衛隊の海外派遣時の日報隠蔽(いんぺい)と深刻な問題が相次ぐ。

 ◆行政をチェックする国会に改ざん文書を出すことは民主主義の根幹にかかわる。「官庁の中の官庁」といわ…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文866文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]