メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

試練の再始動

政策編/中 超低金利、苦渋の地銀 高リスク融資/米債投資失敗

 9日に民事再生法の適用を申請した不動産会社「スマートデイズ」(東京)。単身女性向けのシェアハウスを1億円以上で会社員らに販売し、その物件を借り上げて所有者に賃借料を支払うという特異なビジネスモデルを、物件購入の資金を融資する形でスルガ銀行(静岡県沼津市)が支えた。積極融資の底流には、日銀の超低金利政策があった。

 「『超低金利が終わってからでは遅い』とスマートデイズの担当者に言われ、追い立てられるような感覚で契…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1395文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです