メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小林・経済同友会代表幹事

「国家統治、見直しを」 森友問題などで

 経済同友会の小林喜光代表幹事は10日の記者会見で、学校法人「森友学園」の国有地売却問題や同「加計学園」の獣医学部新設計画に関する記録文書を巡る報道など相次ぐ不祥事について「国民の疑念はなかなか晴れない。国家のガバナンス(統治)がもう一回見直されてしかるべきだと思う」と政府に対して改めて苦言を呈した。

     小林氏は「(官邸の)1強で忖度(そんたく)が増えているのは明らかだろうし人事を握られていることで官僚がセンシティブ(敏感)になっているのは事実だろう」と指摘。その上で情報公開や公平な調査を進めるための仕組みとして立法府に第三者機関を設け、チェック機能を強化すべきだとした。【横山三加子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 近鉄 南大阪線、近く再開へ 橋脚傾き修復
    3. 新型加速器 初の素粒子衝突に成功 物質誕生の謎解明へ
    4. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]