メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

来月合意も メキシコ経済相、可能性は「80%」

 【ワシントン清水憲司】メキシコのグアハルド経済相は9日、地元メディアのインタビューで、米国やカナダと再交渉中の北米自由貿易協定(NAFTA)が5月初旬に大筋合意に達する可能性が「非常に高い。80%だ」と語った。トランプ米政権が態度を軟化させて交渉妥結を急ぐ姿勢を示したためで、早期決着の可能性が高まっている。

 トランプ氏は、米企業がNAFTAを活用して人件費の安いメキシコに工場を移転したことが米製造業の衰退…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文588文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです