メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

来月合意も メキシコ経済相、可能性は「80%」

 【ワシントン清水憲司】メキシコのグアハルド経済相は9日、地元メディアのインタビューで、米国やカナダと再交渉中の北米自由貿易協定(NAFTA)が5月初旬に大筋合意に達する可能性が「非常に高い。80%だ」と語った。トランプ米政権が態度を軟化させて交渉妥結を急ぐ姿勢を示したためで、早期決着の可能性が高まっている。

 トランプ氏は、米企業がNAFTAを活用して人件費の安いメキシコに工場を移転したことが米製造業の衰退…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです