メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
静岡・吉田町

短い夏休みに教員異論 かえって多忙に/保護者との時間奪う 教委調査を公開

 「他の市町では夏休みなのに自分たちは学校に行くとなると(子どもたちの)やる気は上がらない」--。小中学校の夏休みを16日程度に短縮することなどを柱とする教育改革プランをまとめた静岡県吉田町の教育委員会は、町内の一部の外国語指導助手(ALT)を除く全教員163人にアンケートを実施した。

 プランは授業日数を210日(2017年度)から220日に増やし、1日当たりの授業数を減らして教員の多忙を解消しつつ、教員が十分な授業準備をすることで児童・生徒の学力を伸ばすことが目的。町は昨年2月に公表したが、保護者らから「スポーツクラブなどの活動に参加できなくなる」などの反対意見が相次ぎ、昨年10月にプランの完全実施の先送りを決定している。

 調査結果は非公表だったが、毎日新聞が情報公開請求した。アンケートは昨年7月24~26日、無記名の自…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文795文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです