メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第2部 育ちの現場から/1 中学校でも完全給食を

川崎市の中学校に導入された完全給食=同市川崎区で2017年9月4日、太田圭介撮影

 ●実現させた川崎市

 「出勤前にゆとりができた」。川崎市中原区の女性会社員(45)はうれしそうだ。毎日午前5時に起床し、市立中学2年の長男のため弁当を作って持たせていたが、昨年暮れ、その日課が消えた。川崎市の公立中は長らく家庭の弁当を基本に、学校で牛乳を提供する「ミルク給食」だけだった。それが、昨年12月、米飯やパン、牛乳、おかずを提供する「完全給食」を全52校で達成したのだ。「手作りのものを食べさせたい気持ちは強いけど毎日は負担。おかずに変化をつけたり、夏場は食材が傷まないようにしたり気苦労も多かった」

 川崎市の中学校完全給食を要望する保護者の声は強く、2011年には市議会が全会一致で早期実現を求める決議をした。しかし事業費は維持管理費を含めて30年で620億~850億円と試算され、市は導入に踏み切れなかった。04年度には弁当を持参できない生徒向けに民間業者のランチサービスを導入したが、利用率は約1%と低く「ニーズが低い」という根拠にもなっていた。

この記事は有料記事です。

残り1899文字(全文2330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです