メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第2部 育ちの現場から/1 中学校でも完全給食を

川崎市の中学校に導入された完全給食=同市川崎区で2017年9月4日、太田圭介撮影

 ●実現させた川崎市

 「出勤前にゆとりができた」。川崎市中原区の女性会社員(45)はうれしそうだ。毎日午前5時に起床し、市立中学2年の長男のため弁当を作って持たせていたが、昨年暮れ、その日課が消えた。川崎市の公立中は長らく家庭の弁当を基本に、学校で牛乳を提供する「ミルク給食」だけだった。それが、昨年12月、米飯やパン、牛乳、おかずを提供する「完全給食」を全52校で達成したのだ。「手作りのものを食べさせたい気持ちは強いけど毎日は負担。おかずに変化をつけたり、夏場は食材が傷まないようにしたり気苦労も多かった」

 川崎市の中学校完全給食を要望する保護者の声は強く、2011年には市議会が全会一致で早期実現を求める…

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2330文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです