メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第2部 育ちの現場から/1 中学校でも完全給食を

川崎市の中学校に導入された完全給食=同市川崎区で2017年9月4日、太田圭介撮影

 ●実現させた川崎市

 「出勤前にゆとりができた」。川崎市中原区の女性会社員(45)はうれしそうだ。毎日午前5時に起床し、市立中学2年の長男のため弁当を作って持たせていたが、昨年暮れ、その日課が消えた。川崎市の公立中は長らく家庭の弁当を基本に、学校で牛乳を提供する「ミルク給食」だけだった。それが、昨年12月、米飯やパン、牛乳、おかずを提供する「完全給食」を全52校で達成したのだ。「手作りのものを食べさせたい気持ちは強いけど毎日は負担。おかずに変化をつけたり、夏場は食材が傷まないようにしたり気苦労も多かった」

 川崎市の中学校完全給食を要望する保護者の声は強く、2011年には市議会が全会一致で早期実現を求める…

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2330文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 金箔瓦 岡崎城に黄金の葵 徳川・歴代最古
  5. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです