メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レアアース

南鳥島海底に世界需要の数百年分 東大などのグループ発表

 携帯電話などに欠かせないレアアース(希土類)が、小笠原諸島・南鳥島(東京都)周辺の排他的経済水域(EEZ)の海底に世界需要の数百年分あることが分かったと、東京大や海洋研究開発機構などの研究グループが10日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

 レアアースは現在、生産量の9割を中国が占めている。グループは2013年、南鳥島沖の海底に高濃度のレアアースを含む泥(レアアース泥)があることを発見。調査船で15年までに南鳥島沖南250…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 都市対抗野球 大阪ガスが3年ぶり決勝進出 JR東破る
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]