ボアオ・アジアフォーラム

知財保護や対外開放 習氏強調、米と対立回避

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・赤間清広】中国の習近平国家主席は10日、中国・海南省で開催中のボアオ・アジアフォーラムで基調演説し、中国市場の対外開放を強力に推し進めると強調した。閉鎖的な中国市場を批判し、通商分野で対中制裁措置を相次ぎ打ち出しているトランプ米政権を意識し、改革姿勢を強くアピールした形だ。

 習氏は最後まで米国に直接言及することはなかったが、演説内容はトランプ氏の対中批判に一つ一つ応えるような構成だった。

 習氏は米国などに対する巨額の貿易黒字を踏まえ、「中国は黒字を追い求めておらず、心から(中国への)輸入拡大を希望している」と表明。自動車の輸入関税引き下げなど具体的な改善策も明らかにし、黒字削減に向けた中国の「本気度」を強調した。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文765文字)

あわせて読みたい

注目の特集