メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院予算委

首相、再び指示否定 加計文書コメント控える

衆院予算委員会で質問を聞く安倍晋三首相=国会内で2018年4月11日午前11時、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は11日午前の衆院予算委員会の集中審議で、学校法人「加計学園」(加計孝太郎理事長、岡山市)による獣医学部新設について「プロセスにおいても問題がない。私から指示を受けた方もいない」と述べ、手続きは適正だったとする従来の答弁を繰り返した。2015年4月2日に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した愛媛県職員が、柳瀬氏から「首相案件」と説明されたと記した文書については「コメントは控えたい」と述べるにとどめた。

 首相は「プロセスに関わった民間議員から『一点の曇りもない』と明確な発言が既にあった。私から指示を受けたという方は一人もいないことも質疑で明らかになっている」と答弁した。柴山昌彦氏(自民)への答弁。

 文書では、首相と加計氏が会食した際に下村博文文部科学相(当時)が学園について「けしからん」と述べたことが話題になり、学園側が柳瀬氏に対応策の助言を求める内容も記されていた。これについて首相は答弁で、14年6~12月に加計氏と計3回会食したとした上で「獣医学部新設の相談や依頼は一切ない」と従来の説明を繰り返した。また下村、加計両氏と3人で会食したこともないとした。

 下村氏は11日午前、国会内で記者団に「実際そういう会合があったかも承知していない」と語った。

 「備忘録」として愛媛県職員が作成した文書には、首相官邸で県と同県今治市の職員と学園幹部が柳瀬氏と面会した際の柳瀬氏の発言が記されている。柳瀬氏は10日に「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」とのコメントを発表している。【野口武則、松倉佑輔】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  2. チリ 「121歳」の男性死亡
  3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]