メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
加計問題

首相また「問題なし」正当性を強調 衆院予算委

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年4月11日午前11時6分、川田雅浩撮影

 森友学園、陸上自衛隊の日報問題に加え、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設に絡む問題でも、新たに政府答弁の信ぴょう性に大きな疑いが浮上した。11日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相は改めてこれまでの経緯に問題はないと強調したが、識者らは疑惑がいつまでも晴れない事態に批判を強めている。

 「プロセスに問題はなく、私から指示を受けたと言う人は誰もいない」。11日の衆院予算委。安倍首相はこれまでと変わらぬ答弁を繰り返し、手続きの正当性を強調した。「首相案件」と記された新たな文書の発覚直後の質疑とあって注目されたが、冒頭、質問に立った自民党の柴山昌彦氏が文書に触れたのは最後。文書が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとされる2015…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文795文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです