メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化学兵器禁止機関

調査団派遣へ シリア外務省「歓迎」

 【カイロ篠田航一、ブリュッセル八田浩輔】シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を巡り、化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は10日、調査団を近く現地に派遣すると発表した。シリアと後ろ盾のロシアも派遣を要請しており、国営シリア・アラブ通信によると、シリア外務省は調査団を「歓迎」し、「調査団に対して全ての必要な支援を提供する」と強調した。

 政府軍による使用の可能性が指摘される中、シリア外務省は、現地での事実確認により「西側諸国からの虚偽…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです