メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手大

猫のふん、臭いで雌雄を識別か フェロモンの機能

 猫のふんの悪臭の一因となる揮発性の硫黄含有化合物の一種が、ふんをした猫の性を識別するフェロモンとして機能していることが、宮崎雅雄・岩手大准教授(生化学)らの研究で分かった。硫黄含有化合物の放出量は雄の方が雌より多く、別の猫がにおいを嗅ぎつけた際、この物質のにおいが強ければ雄由来のふんと識別できていると予想されるという。

 ふんから検出されたのは、「3-メルカプト-3-メチル-1-ブタノール」(MMB)。猫に特有のアミノ…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです