メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FM局

AIアナウンサーがニュース番組 神戸

パソコンでAIの音声を編集しながら番組収録をする片平享伸さん(手前)と、番組で解説役を務める山本学さん=神戸市中央区のエフエム兵庫で

 アナウンサーに代わって人工知能(AI)が原稿を読み上げるニュース番組が、兵庫県内を放送エリアとするFM局「Kiss FM KOBE」でスタートした。働き方改革への対応や人手不足解消などが期待できるとあって、同様の試みは全国の放送局で広がっている。ただ、中には「人間味」がない声に拒否反応を示すリスナーがいるかもしれない。AIアナウンサーは、はたして定着するのか。現場で将来性を探ってみた。【池田一生】

 「おはようございます。けさのおめざめはいかがでしょうか」

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです