FM局

AIアナウンサーがニュース番組 神戸

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パソコンでAIの音声を編集しながら番組収録をする片平享伸さん(手前)と、番組で解説役を務める山本学さん=神戸市中央区のエフエム兵庫で
パソコンでAIの音声を編集しながら番組収録をする片平享伸さん(手前)と、番組で解説役を務める山本学さん=神戸市中央区のエフエム兵庫で

 アナウンサーに代わって人工知能(AI)が原稿を読み上げるニュース番組が、兵庫県内を放送エリアとするFM局「Kiss FM KOBE」でスタートした。働き方改革への対応や人手不足解消などが期待できるとあって、同様の試みは全国の放送局で広がっている。ただ、中には「人間味」がない声に拒否反応を示すリスナーがいるかもしれない。AIアナウンサーは、はたして定着するのか。現場で将来性を探ってみた。【池田一生】

 「おはようございます。けさのおめざめはいかがでしょうか」

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1335文字)

あわせて読みたい

注目の特集