建材搬送

ロボットスーツで軽々 大和ハウス30台配備

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロボットスーツ「HAL」を装着して重さ30キロのフローリング材を運ぶ従業員=龍ケ崎市板橋町で
ロボットスーツ「HAL」を装着して重さ30キロのフローリング材を運ぶ従業員=龍ケ崎市板橋町で

 大手住宅メーカーの「大和ハウス工業」(本社・大阪市北区)は10日、工場内での製品搬送で体にかかる負担を軽くするため、サイバーダイン(つくば市)が開発したロボットスーツ「HAL(ハル)」を導入したと発表した。腰にかかる負荷を最大40%軽減できるといい、全国9工場に計30台配備した。

 同日、竜ケ崎工場(茨城県龍ケ崎市板橋町)で、従業員が装…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集