メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠隔診療

医院と介護事業所で実験 高まる期待

タブレット端末を使って、施設利用者の患部を診る須見昌輝院長=徳島県石井町藍畑の須見医院で、松山文音撮影

 徳島県石井町藍畑の須見医院と同町で介護事業所を運営するNPO法人「あかねの和」が、IT機器開発などを手掛ける楽研(東京)と連携し、タブレット端末による遠隔診療の実証実験に乗り出した。遠隔診療で民間同士の連携は県内で初めて。高齢化で医療や介護ニーズが増える一方、支え手の人手不足が深刻化しており、双方の負担軽減が見込まれる遠隔診療の普及に期待が高まる。【松山文音】

 「この前の耳の腫れを見せてもらえますか」

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです