メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠隔診療

医院と介護事業所で実験 高まる期待

タブレット端末を使って、施設利用者の患部を診る須見昌輝院長=徳島県石井町藍畑の須見医院で、松山文音撮影

 徳島県石井町藍畑の須見医院と同町で介護事業所を運営するNPO法人「あかねの和」が、IT機器開発などを手掛ける楽研(東京)と連携し、タブレット端末による遠隔診療の実証実験に乗り出した。遠隔診療で民間同士の連携は県内で初めて。高齢化で医療や介護ニーズが増える一方、支え手の人手不足が深刻化しており、双方の負担軽減が見込まれる遠隔診療の普及に期待が高まる。【松山文音】

 「この前の耳の腫れを見せてもらえますか」

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1055文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです