メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟県警

落とし物困った ヤモリや仏像「売るに売れぬ」

落とし物と同じ種類のヒョウモントカゲモドキ=スーパーセンタームサシ新潟店提供

 昨年1年間に新潟県警に届けられた現金の落とし物は前年より2.5%多い2億1481万円で、6年連続で2億円を超えた。物品の落とし物も昨年より増え、中には最近はやりの小型無人機ドローンやペットとして人気のヤモリ、仏像や遺骨も。保管期間の3カ月を過ぎても落とし主が現れない場合は県が処分・売却するが、「売るに売れないものだらけ」と県警も困り顔だ。

 県警会計課によると、現金を含む落とし物の届け出は約23万4000件あり、うち5件は100万円を超え…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文933文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  5. 文化審議会 世界遺産候補に北海道・北東北の縄文遺跡群

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]