大分山崩れ

岩盤が風化の可能性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大分県中津市山渓町で発生した山崩れの現場=2018年4月11日午前8時29分、本社ヘリから
大分県中津市山渓町で発生した山崩れの現場=2018年4月11日午前8時29分、本社ヘリから

 大分県中津市耶馬渓町金吉で11日未明に起きた土砂崩れは幅約200メートルに及び、男女6人が不明となった。地域には避難勧告も出され不安漂う中、懸命の捜索が続けられた。

 現場付近はここ最近、まとまった雨が降ったわけではない。付近の地質に詳しい九州大学大学院の三谷泰浩教授(岩盤工学)は「調査してみないとわからない…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集