メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性政治参加

法案成立改めて要求 Qの会が集会

紫色の服や小物を身につけて集まった参加者=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2018年4月10日、中川聡子撮影

 女性の政治参画拡大を目指す市民団体「Qの会」(赤松良子代表)が10日、東京・永田町の衆議院第1議員会館で集会を開き、衆院解散のあおりを受けて廃案となった「政治分野における男女共同参画推進法案」の成立を改めて求めた。法案の策定にあたった超党派の「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」会長の中川正春衆院議員(無所属、元文部科学相)も出席し、成立へ意気込みを示した。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1175文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです