メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野村不動産社員過労死

野党、厚労相の政治責任追及

 加藤勝信厚生労働相は10日の閣議後の記者会見で、裁量労働制を違法適用したとして特別指導した野村不動産の社員が過労死していたことを初めて認めた。裁量労働制の対象拡大を目指していた政府は、違法な企業を取り締まった事例として特別指導を公表していたが、社員の過労自殺が報道で明るみに出た後も過労死は認めていなかった。

 裁量労働制の対象拡大は、厚労省データに異常値があった問題を受けて働き方改革関連法案からは削除されたが、再び政府が導入を目指す可能性がある。野党は「過労死は隠し、特別指導で違法企業を取り締まったという都合のいい部分だけを公表したのでは」との疑念を深め、加藤氏の政治責任を追及している。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  5. 国家試験、高校生18人受験できず 1種電気工事士、教員申し込み忘れ 福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです