メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

メキシコ経済相「5月に大筋合意は80%」

早期決着の可能性が高まる

 【ワシントン清水憲司】メキシコのグアハルド経済相は9日、地元メディアのインタビューで、米国やカナダと再交渉中の北米自由貿易協定(NAFTA)が5月初旬に大筋合意に達する可能性が「非常に高い。80%だ」と語った。トランプ米政権が態度を軟化させて交渉妥結を急ぐ姿勢を示したためで、早期決着の可能性が高まっている。

 トランプ氏は、米企業がNAFTAを活用して人件費の安いメキシコに工場を移転したことが米製造業の衰退…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです