メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

財政赤字20年度以降は毎年1兆ドル超に

 【ワシントン清水憲司】米議会予算局(CBO)は9日、大型減税や国防費などの歳出拡大を受け、2020会計年度以降は財政赤字が毎年1兆ドル(約107兆円)超に膨らむとの見通しを発表した。減税などによる景気刺激効果で経済成長率は一時的に高まるものの、その後は2%未満に落ち着き、トランプ政権が掲げる「成長率3%超」の持続的な達成は不可能との見通しも示した。

 CBOによると、減税が企業投資を促す効果などで18年10~12月期の実質経済成長率の伸び率は前年同期比3.3%、19年は2.4%に高まるとの見通しだ。その一方で物価上昇(インフレ)率は19年に米連邦準備制度理事会(FRB)が目標とする2%に届いて金利上昇が見込まれるため、20年の成長率は1.8%に減速。その後は1%台後半で推移すると見込んだ。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  4. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです