メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

習氏「知財保護、対外開放」推進へ

ボアオ・アジアフォーラムで基調演説

 【北京・赤間清広】中国の習近平国家主席は10日、中国・海南省で開催中のボアオ・アジアフォーラムで基調演説し、中国市場の対外開放を強力に推し進めると強調した。閉鎖的な中国市場を批判し、通商分野で対中制裁措置を相次ぎ打ち出しているトランプ米政権を意識し、改革姿勢を強くアピールした形だ。

 習氏は最後まで米国に直接言及することはなかったが、演説内容はトランプ氏の対中批判に一つ一つ応えるような構成だった。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです