メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

「軍事的選択肢は多くある」アサド政権対応

国連安全保障理事会の緊急会合で発言するヘイリー米国連大使(前列)=ニューヨークの国連本部で9日、ロイター

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は9日、自国民に化学兵器を使用したとみられるシリアのアサド政権への対応について「我々に軍事的選択肢は数多くある」と発言、「今夜か、その後短い間に決断する」と述べ、昨年4月以来となるシリア政府への軍事攻撃に踏み切る可能性を強く示唆した。ホワイトハウスで開いた軍幹部との会合で述べた。

 トランプ氏は同日、マクロン仏大統領と前日に続き電話協議した。マクロン氏はシリアによる化学兵器使用が…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1292文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです