原子力規制委

架空文書作成で規制庁職員処分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 原子力規制委員会は10日、決裁文書を紛失したのに、架空の文書をパソコン上に作成して上司に決裁手続きを終えたと虚偽報告したとして、規制庁の20代の男性職員を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。監督責任で規制庁長官を口頭注意、上司2人を口頭厳重注意にした。

 規制委によると、男性職員は昨年5月、原発周辺の環境調査を…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集