メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚醒剤事件

似ていた男性を誤認逮捕 愛知県警

 愛知県警は10日、名古屋市熱田区の自営業の男性(59)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で誤認逮捕したと発表した。男性は身柄を約3時間拘束された後に釈放された。県警は逮捕状を取って行方を追っていた50代後半の男と似ていたため、別人と気付かず勘違いで逮捕したという。男は見つかっておらず、引き続き捜査している。

 県警薬物銃器対策課によると、3月上旬に愛知県内で覚醒剤を所持していたとする容疑で男の逮捕状を取り写真も入手して捜査していたところ、10日昼に名古屋市港区の店舗に来たとの情報があり、駆けつけた捜査員が店舗駐車場で、現れた男性に職務質問した。

 男性は「知らない」と話し男とは別人と説明したが名前を名乗らなかった。捜査員は、男と背格好や容姿が似ている上、同じ車種・色の乗用車に乗り込もうとしたことから逃走の恐れがあると判断し、午後3時39分に男性を逮捕した。

 天白署に移送して乗用車を調べたところ、車内にあった免許証で別人だったことが判明し、県警は午後6時28分に男性を釈放した。

 同課の柴田博夫次長は「身分確認が不十分で男性に申し訳ないことをした」とコメントした。【駒木智一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 近鉄 南大阪線、近く再開へ 橋脚傾き修復
  3. 新型加速器 初の素粒子衝突に成功 物質誕生の謎解明へ
  4. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
  5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]