メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる2018年5月号(2018年4月13日発売)

特別定価460円(税込み)

★憲法まるわかり

     憲法改正をめぐるニュースが増しています。今一度、各章ごとに憲法の役割や大日本帝国憲法との違いをふりかえったうえで、ニュースになっている憲法改正の議論をまとめます。

    ★古代映す巨大古墳

     世界最大級の大山古墳(仁徳陵古墳)のある大阪府南部には多様な古墳が残され、百舌鳥・古市古墳群として来年の世界文化遺産登録をめざしています。5世紀ごろの人々は、なぜここに、これほど大きな墓を築いたのでしょう。なぞに迫ります。

    ★動物と上手につきあう

     ペットはかわいいですが、その付き合い方には注意が必要です。動物からうつる病気があるからです。中には、動物には症状がでないものもあります。気をつけるポイントや主な病気を紹介します。

    ★折り鶴に託した希望

     広島の原爆の子の像は今年5月5日、建立60年を迎えます。この像のモデルは、被爆後10年経て亡くなった少女、佐々木禎子さんです。生きたいと願って鶴を折り続けた物語から、核兵器のおそろしさを知り、平和について考えましょう。

    ★米朝 初の首脳会談へ

     悪口を言い合っていたアメリカと北朝鮮のトップ同士の会談が初めて、行われることになりました。北朝鮮側が対話を求めました。北朝鮮の核ミサイル問題は、超大国との話し合いで解決するのでしょうか?

    ★ダメ!! 公文書を都合よく書きかえ

     財務省が公文書を都合よく書きかえたことが大問題になっています。森友学園の問題を国会で追及されていたころのことです。この問題がなぜ、民主主義の危機と言われるか、 今回の問題のポイントをマンガつきでやさしく解説します 

    ★アメリカの貿易戦争、ホーキング博士死去、ドローン活躍、食品サンプル

    ★★特別付録 パズル博士 東田大志の新作パズル「散歩道」、新しい学びで重視される思考力、試行錯誤の力がつく。とにかく楽しく、チャレンジするかいのあるパズルです。特別定価460円

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★通常定価は450円、書店でどうぞ。

    ★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(メール便)。お申し込みは、フリーダイヤル0120・223・223(年中無休、24時間)。内容のお問い合わせは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
    5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです