メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

被災地の子、最終走者に 聖火リレー検討委・泉ピン子さん、元五輪選手の伴走提案

被災地での聖火リレーへの思いを語る泉ピン子さん=根岸基弘撮影

 復興五輪を理念に掲げる2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が五輪の聖火リレーに先立ち、東日本大震災の被災3県にギリシャで採火された聖火を展示することを決めた。組織委の聖火リレー検討委員としてコンセプトを議論してきた女優の泉ピン子さん(70)は「被災の苦しみを置き換えることはできないが、聖火リレーによって思い出が明るいものに変われば」と願いを語った。【田原和宏】

 検討委は昨年2月に設けられ、9回に及ぶ会合で聖火リレーの基本的な考え方をまとめた。10日に発表された聖火リレーのコンセプト「Hope Lights Our Way(希望の道を、つなごう。)」は被災地復興への思いが色濃く出ている。新国立競技場の聖火台に点火するリレーの最終走者についても、泉さんは「家族を亡くし、古里を捨てるしかなかった子どもたちが階段を駆け上がり、火をともしてくれたら」と被災地の子…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  3. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです