メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

川上未映子さん(作家) 『ウィステリアと三人の女たち』刊行 「3月の死」を見つめて

単行本として2年半ぶりの小説を刊行した作家の川上未映子さん=東京都目黒区で、太田康男撮影

 作家の川上未映子さんが、短編集『ウィステリアと三人の女たち』(新潮社)を刊行した。短編集としては『愛の夢とか』から5年ぶり、長編『あこがれ』からは2年半ぶりとなる小説。生と死、ジェンダーや記憶をテーマにした4編を収録している。川上さんは「全部、どこかへ行って、どこかに帰ってくる話になりましたね」と話す。

 全編を通じ、死亡する登場人物は3月に亡くなっている設定だ。そこから想起されるのは東日本大震災である…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです