メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・彦根の警官銃撃

上司射殺、19歳巡査逮捕 殺人容疑 交番で教育係 県警

事件があった滋賀県警彦根署河瀬駅前交番(右奥)に花束と手紙を届けにきた近所の女性。「兄が元警察官で人ごととは思えなかった」と話した=滋賀県彦根市で2018年4月12日午前10時28分、幾島健太郎撮影

 滋賀県彦根市の県警彦根署河瀬駅前交番で11日夜、井本光(あきら)巡査部長(41)が拳銃で殺害された事件で、県警は12日未明、同僚の男性巡査(19)の身柄を同県愛荘(あいしょう)町付近で確保し殺人容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。隣接する同県豊郷町で使用拳銃も発見。男性巡査は昨春採用され、先月末に配属された交番で井本巡査部長が教育係を務めていた。警察庁によると警察官が貸与された拳銃で同僚を殺害する事件は初めて。

     県警は2人の間にトラブルがなかったか調べている。男性巡査は事件発覚後、行方が分からなくなっていたが、同日午前1時35分ごろ、愛荘町付近の近江鉄道線路上を歩いているところを身柄確保された。制服を着たまま落ち着いていたという。県警は未成年の男性巡査の実名と写真を公開し捜査していたが、逮捕時は「身柄を確保し緊急性がなくなった」と匿名で発表した。警察庁の栗生俊一長官は12日の記者会見で「極めて遺憾。厳正に対処するとともに、規律高い組織の構築に努めたい」と語った。

    パトカー発見現場と確保された場所

     逮捕容疑は11日午後7時50分ごろ、河瀬駅前交番で井本巡査部長の背後から拳銃2発を撃ち殺害したとしている。交番の防犯カメラから発生時刻を特定した。井本巡査部長は後頭部と背中を撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。

     県警によると、同日午後8時15分ごろ、交番から南に約4キロの愛荘町目加田付近で交番のパトカーを発見。彦根署員が交番に向かうと、巡査部長が頭と背中から血を流し机に突っ伏した状態で見つかった。交番は施錠され、男性巡査が発覚を遅らせるためカギを掛けた可能性があるという。

     拳銃は男性巡査も一時立ち会わせて捜索し、12日午前7時ごろ、パトカーから約600メートル離れた豊郷町八町で見つかった。ベルトや警棒、手錠などと一緒に捨てられていた。拳銃は弾を5発装填(そうてん)していたが、残る3発は全て残っていた。

     男性巡査は昨年4月に警察学校に入校し、今年1月29日に彦根署地域課に配属。3月26日から井本巡査部長と河瀬駅前交番の勤務となった。交番は3人体制で、11日は1人が病気で休み、午前8時半から2人で24時間勤務に入っていた。彦根市は11日深夜から、ホームページで不要な外出を避けるよう呼び掛けるなど対応に追われた。【小西雄介、成松秋穂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
    2. ヒョウモンダコ 猛毒 「絶対に触らないで」 長崎・諫早
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 首都高 トレーラーから車3台落下 走行中、けが人なし
    5. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]