メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「談ス」シリーズ

凸し凹る? しる凸凹? どう読む?から始まる最新作 大植真太郎、森山未來

新作ダンス公演を開く森山未來(左)と大植真太郎=菅知美撮影

 「このタイトル、どういうふうに読みましたか」

 凸し凹る? しる凸凹? 5月に幕を開けるステージのタイトルは、ふりがなもなければ、読む順番も分からない四つの文字。大植真太郎、森山未來、平原慎太郎の3人のダンサーが出演する「談ス」シリーズ最新作は、コンテンポラリーダンスを軸に、せりふなどの演劇的要素も交えたユニークなパフォーマンスだ。大植は、何通りもの読み方ができるタイトルのように「作品も自由に見てほしい」と語る。

 欧州を拠点に活躍する大植と、俳優の顔も持つ森山、振付家としても評価の高い平原。3人は、大植と森山が…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文940文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]