メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「談ス」シリーズ

凸し凹る? しる凸凹? どう読む?から始まる最新作 大植真太郎、森山未來

新作ダンス公演を開く森山未來(左)と大植真太郎=菅知美撮影

 「このタイトル、どういうふうに読みましたか」

     凸し凹る? しる凸凹? 5月に幕を開けるステージのタイトルは、ふりがなもなければ、読む順番も分からない四つの文字。大植真太郎、森山未來、平原慎太郎の3人のダンサーが出演する「談ス」シリーズ最新作は、コンテンポラリーダンスを軸に、せりふなどの演劇的要素も交えたユニークなパフォーマンスだ。大植は、何通りもの読み方ができるタイトルのように「作品も自由に見てほしい」と語る。

     欧州を拠点に活躍する大植と、俳優の顔も持つ森山、振付家としても評価の高い平原。3人は、大植と森山が舞台「テヅカ TeZukA」(2011~12年)で知り合ったことをきっかけに交流を深め、14年に第1弾の「談ス」を発表した。

     「最初にテーマを決めるのではなく、3人で最近気になっていることをざっくばらんに話し合い、そこから身体(の表現)に起こせそうな部分をピックアップして動いてみる。それを映像などで客観的に見て、また話し合い、身体に起こすことを重ねていく。今回も同じ方法で取り組んでいます」と森山はいう。

     今回の創作は、森山が「てりむくり」という建築様式に注目したことから始まった。「てり」は反り、「むくり」は丸みのある様式で、両者が組み合わさった形の屋根が寺社などに見られる。「別の所からやってきた建築様式を取り入れ、少しずつ変化させて、共存する様式を生んだ。それが非常に日本的で、興味深いと感じました」

     取り入れ、変化し、共存する。そのあり方は、話し合いを重ねて、さまざまな身体の動きや言葉を生み出し、組み立てていく3人の創作手法にも重なる。

     大植は「明確な物語のない身体的な表現から、観客が何を感じとるかに興味がある」と言い、森山は「言葉では説明できないものを表現するために身体がある。ダンスパフォーマンスというと抽象的に感じるかもしれませんが、分からないとシャットアウトするのではなく、自分なりの解釈で見てほしい」と語る。【関雄輔】

    公演概要

     5月15日に東京から全国ツアーが始まる。関西での公演は、27日=兵庫県立芸術文化センター▽6月1日=ロームシアター京都▽2日=大阪・ナレッジシアター。サンライズプロモーション東京(0570・00・3337)。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
    5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]