メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「談ス」シリーズ

凸し凹る? しる凸凹? どう読む?から始まる最新作 大植真太郎、森山未來

新作ダンス公演を開く森山未來(左)と大植真太郎=菅知美撮影

 「このタイトル、どういうふうに読みましたか」

 凸し凹る? しる凸凹? 5月に幕を開けるステージのタイトルは、ふりがなもなければ、読む順番も分からない四つの文字。大植真太郎、森山未來、平原慎太郎の3人のダンサーが出演する「談ス」シリーズ最新作は、コンテンポラリーダンスを軸に、せりふなどの演劇的要素も交えたユニークなパフォーマンスだ。大植は、何通りもの読み方ができるタイトルのように「作品も自由に見てほしい」と語る。

 欧州を拠点に活躍する大植と、俳優の顔も持つ森山、振付家としても評価の高い平原。3人は、大植と森山が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです