メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「談ス」シリーズ

凸し凹る? しる凸凹? どう読む?から始まる最新作 大植真太郎、森山未來

新作ダンス公演を開く森山未來(左)と大植真太郎=菅知美撮影

 「このタイトル、どういうふうに読みましたか」

 凸し凹る? しる凸凹? 5月に幕を開けるステージのタイトルは、ふりがなもなければ、読む順番も分からない四つの文字。大植真太郎、森山未來、平原慎太郎の3人のダンサーが出演する「談ス」シリーズ最新作は、コンテンポラリーダンスを軸に、せりふなどの演劇的要素も交えたユニークなパフォーマンスだ。大植は、何通りもの読み方ができるタイトルのように「作品も自由に見てほしい」と語る。

 欧州を拠点に活躍する大植と、俳優の顔も持つ森山、振付家としても評価の高い平原。3人は、大植と森山が…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文940文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 2件の殺人「告白」の死刑囚に無罪判決 東京地裁「告白内容は信用できない」 
  3. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです