メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘前公園、ほころぶ 100周年「まつり」準備が急ピッチ /青森

一足早く咲いたソメイヨシノ=青森県弘前市の弘前公園で2018年4月11日、藤田晴雄撮影

 弘前公園にも桜の便り--。弘前公園(弘前市)の園内で11日、ソメイヨシノが10輪ほど咲いた。標準木ではないため「開花宣言」はまだ先だが、10日には外堀の胴吹きもほころび、桜前線は着々と近づいている。

 咲いたのは、樹齢約120年の木。市公園緑地課の職員が約10メートルの高さにある枝から淡いピンク色の花が咲いているのを確認した。同課の桜守、小林勝さんによると、太陽光で建物の屋根が温められ、その輻射熱(ふくしゃねつ)が開花を促したという。

 同公園では外堀の東側でも10日、胴吹きのソメイヨシノがほころび、道行く人たちの目を楽しませている。ジョギングをしていた同市の会社員、笹孝幸さん(44)は「待ちに待った桜。弘前さくらまつりにたくさんの観光客が来てほしい」と笑顔を見せていた。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです