メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弘前公園、ほころぶ 100周年「まつり」準備が急ピッチ /青森

一足早く咲いたソメイヨシノ=青森県弘前市の弘前公園で2018年4月11日、藤田晴雄撮影

 弘前公園にも桜の便り--。弘前公園(弘前市)の園内で11日、ソメイヨシノが10輪ほど咲いた。標準木ではないため「開花宣言」はまだ先だが、10日には外堀の胴吹きもほころび、桜前線は着々と近づいている。

 咲いたのは、樹齢約120年の木。市公園緑地課の職員が約10メートルの高さにある枝から淡いピンク色の花が咲いているのを確認した。同課の桜守、小林勝さんによると、太陽光で建物の屋根が温められ、その輻射熱(ふくしゃねつ)が開花を促したという。

 同公園では外堀の東側でも10日、胴吹きのソメイヨシノがほころび、道行く人たちの目を楽しませている。…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです