東武鉄道

ムスリム旅行者に安心の旅を 東武日光駅に祈とう室 飲食店や宿泊施設マップも /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 イスラム教徒(ムスリム)旅行者に安心して日光・鬼怒川エリアの旅行を楽しんでもらおうと、東武鉄道が受け入れ態勢の整備を進めている。東武日光駅(日光市)に今月から祈とう室を新設した他、ムスリム向けメニューを提供する飲食店を掲載した観光マップを発行し、インターネットでも発信している。【花野井誠】

 東武日光駅の祈とう室は、礼拝に集中できるよう改札から離れた2階にあり、男女別に1室ずつ設けられている。約8平方メートルの室内には聖地メッカの方角を示す印をはじめ、礼拝の前に体を清めるための温水機能付きの設備を用意した。イスラム教では1日5回、礼拝を行う。旅行中は3回に減らすことがあるものの、旅行客などから日中の礼拝場所が必要だとの声が上がっていた。

 東武鉄道ではインドネシアやマレーシアなど東南アジアから訪れるムスリム旅行者の増加に対応しようと、東武日光駅に祈とう室を設置した。一年中、午前9時から午後4時半まで利用できる。県内の駅でムスリム向けの祈とう室が設置されるのは初めてだという。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1131文字)

あわせて読みたい

ニュース特集