メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちばの底力

徹底した安全管理で注目 なの花交通バス /千葉

 貸し切りの観光バスをメインにするバス事業者で、近年その徹底した安全管理が注目されている。

 創業時から「安全を第一に、日本一のおもてなしを目指す」が社是。富田篤史社長(51)が2代目社長に就任したのは2013年1月。前年4月に関越道で乗客45人が死傷する高速ツアーバス事故が起き、安全管理を巡り業界への風当たりが強かった。

 設備充実や全社員の安全意識共有に力を注ぐ。「観光バスと路線バス、大型トラックでは視野や高さ、タイヤ…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文555文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです