メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝浦の女性遺体

県警が自殺認定 遺書見つかる /千葉

 勝浦市市野郷の自宅で2日に遺体で見つかった磯野みつさん(88)について、県警は11日、自殺だったと発表した。当初は殺人事件とみて調べていたが、遺書が見つかったことなどから、屋内にあった電気コードを使った自殺と判断した。

     県警捜査1課によると、司法解剖の結果、磯野さんの死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死とみられ、当初は使用された道具が現場からなくなっていたことなどから事件と断定。しかし、家族の「遺体からコードを外して移動させた」という説明どおりにコードが見つかったほか、磯野さんの自室からは家族宛ての自筆の遺書も発見されたという。

     磯野さんは2日朝、自室に倒れているのを同居する長男(62)が発見。首にはひもで絞められたような痕があったという。県警は、家族がコードを移動させた理由について慎重に調べている。【秋丸生帆】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
    4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
    5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]