メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

千葉・南房総 なめろう 鮮度命の“漁師めし” 薬味とみそ、たたいて調理 /東京

 千葉県南部で生まれた「なめろう」をご存じだろうか。アジなどの身をネギやショウガの薬味とみそと合わせ、包丁でたたいて作るかつての“漁師めし”である。酒のつまみにも、ご飯のおかずにもよく合うなめろうを食べに南房総市に出かけた。【馬渕晶子】

 なめろうは漁師が船上で作っていた料理で、液体のしょうゆより持ち運びやすいみそで味付けする。江戸への物流が海路中心だったことから房総半島沿岸に広まった。

 「皿についた身まで、なめるほどおいしい」。それが名の由来という説もある。なめろうをアワビの殻に盛り、フキの葉に包んで蒸し焼きにしたのが始まりという「さんが焼き」ものちに考案された。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです