メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

燃料電池車

普及促進へ 県、水素ステーション設置に補助金 /新潟

 県が、水素で動く次世代エコカー、燃料電池車(FCV)の普及に本腰を入れ始めた。FCVは現在、県内で1台も登録がないが、普及が進めば水素の供給能力を持つ県内化学産業の振興にもつながると判断。県が自らFCVを導入して県民にPRするほか、FCVにとってのガソリンスタンド「水素ステーション」の民間設置に補助金を出し、今年度中に県内初の水素ステーションを着工する。

 走行中に二酸化炭素を出さず、走行可能距離もガソリン車並みに長いFCVは「究極のエコカー」と呼ばれ、…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. ORICON NEWS DJイベントが銭湯救う?  “ダンス風呂屋”にかける担い手たちの思い
  4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  5. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです