メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

燃料電池車

普及促進へ 県、水素ステーション設置に補助金 /新潟

 県が、水素で動く次世代エコカー、燃料電池車(FCV)の普及に本腰を入れ始めた。FCVは現在、県内で1台も登録がないが、普及が進めば水素の供給能力を持つ県内化学産業の振興にもつながると判断。県が自らFCVを導入して県民にPRするほか、FCVにとってのガソリンスタンド「水素ステーション」の民間設置に補助金を出し、今年度中に県内初の水素ステーションを着工する。

 走行中に二酸化炭素を出さず、走行可能距離もガソリン車並みに長いFCVは「究極のエコカー」と呼ばれ、…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文729文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  3. ローソン 冷凍「たい焼き」に「今川焼き」混入 回収へ
  4. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  5. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]