メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実証実験

ドローンで測量 御殿場市が河川で /静岡

 御殿場市は市が管理する河川について、小型無人機ドローンを使った測量の実証実験に取り組んでいる。市内には地上での測量が難しい場所が多く、ドローンの利用で上空から低コストでの測量が見込める。市は今夏の本格導入を目指している。

     同市によると、市町村は災害復旧などのため河川や水路の長さなどを台帳で管理する必要がある。同市は管理する河川の数が多く調査費が膨大になることから、台帳の整備に着手できていないという。

     市は9日、市内の「小山川」で実証実験を実施。付近は、林や道路、構造の異なる護岸が複数あり測量の難しい地形だが、高さ約40メートルを飛行するドローンに搭載されたレーザーが地上から跳ね返った時間差で距離を計測。測量士のパソコンに計測データを基にした立体的な地形がリアルタイムで映し出された。

     上空からの測量は一般的に飛行機などが使われてきたが、測量器の小型化が進みドローンへの搭載が可能になった。実験に参加した測量士の鵜飼尚弘さん(43)は「ドローンは低空で飛行するため高精度で、通常の3分の1の時間とコストで測量ができる」と話した。【垂水友里香】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
    3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
    4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
    5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]