メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺市博物館

入館者が急増 オリジナルの手ぬぐいで後押し 古墳・埴輪ちりばめ /大阪

「古墳柄手ぬぐい」(上)と「お散歩博物館」を手にする広崎晶子係長ら=堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁の堺市博物館で、矢追健介撮影

 百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録への国内推薦が2017年7月に決まり、古墳群そばの堺市博物館(同市堺区百舌鳥夕雲町2丁)の入館者が急増している。16年度は約13万7600人だったが、17年度には約16万1900人に増えた。来館者に喜んでもらおうと、同博物館は大阪伝統の染色技術「注染」のブランドメーカーと組み、オリジナルの手ぬぐいを作製。さらなるPRと集客を目指している。【矢追健介】

 大仙公園内にある堺市博物館は、埴輪(はにわ)や剣、武具といった出土品などを通して古墳群の歴史的な価…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです