県人口

減少 知事「脱ベッドタウン」 働く場、創出目指す /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 荒井正吾知事は11日の定例記者会見で、国立社会保障・人口問題研究所が発表した将来の推計人口で県人口が2045年に100万人を割る見通しを示したことに対し、「克服すべき課題だがあまり悲観はしていない。減ること自体は全然へっちゃらだ」と述べた。その上で、「脱ベッドタウンの政策を実行する」と述べ、好調な工場誘致や外国人観光客の取り込みを更に図るなど、働く場を創出して若者らの定住、移住につなげる考えを示した。【新宮達】

 同研究所の推計では、15年の国勢調査による136万4316人の県人口が45年には99万8076人になる。35年から39市町村全てで減少し、15年から30年間の県全体の減少率は26・8%。南部の落ち込みは顕著で、川上村が79・4%で全国最大の減少率となるのをはじめ、全国ワースト10に県内から5村(他に上北山、東吉野、野迫川、黒滝)が入った。特に若者の減少が深刻で、45年の14歳までの年少人口は上北…

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文2037文字)

あわせて読みたい

注目の特集