メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県人口

減少 知事「脱ベッドタウン」 働く場、創出目指す /奈良

 荒井正吾知事は11日の定例記者会見で、国立社会保障・人口問題研究所が発表した将来の推計人口で県人口が2045年に100万人を割る見通しを示したことに対し、「克服すべき課題だがあまり悲観はしていない。減ること自体は全然へっちゃらだ」と述べた。その上で、「脱ベッドタウンの政策を実行する」と述べ、好調な工場誘致や外国人観光客の取り込みを更に図るなど、働く場を創出して若者らの定住、移住につなげる考えを示した。【新宮達】

 同研究所の推計では、15年の国勢調査による136万4316人の県人口が45年には99万8076人に…

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文2037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです