メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県人口

減少 知事「脱ベッドタウン」 働く場、創出目指す /奈良

 荒井正吾知事は11日の定例記者会見で、国立社会保障・人口問題研究所が発表した将来の推計人口で県人口が2045年に100万人を割る見通しを示したことに対し、「克服すべき課題だがあまり悲観はしていない。減ること自体は全然へっちゃらだ」と述べた。その上で、「脱ベッドタウンの政策を実行する」と述べ、好調な工場誘致や外国人観光客の取り込みを更に図るなど、働く場を創出して若者らの定住、移住につなげる考えを示した。【新宮達】

 同研究所の推計では、15年の国勢調査による136万4316人の県人口が45年には99万8076人に…

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文2037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです