メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五條高賀名生分校

受入式 全国から新入生26人 /奈良

全国から入学生を受け入れた五條高賀名生分校の新入生受入式。新入生代表が宣誓した=奈良県五條市で、栗栖健撮影

 今年初めて全国から入学生を募集した五條高校賀名生(あのう)分校(五條市西吉野町黒渕)で10日、新入生26人の受入式が行われた。うち17人が兵庫、大阪などの県外出身。式では新入生を代表して大阪府豊中市出身の山口洋翔さん(15)が「不安もあるが、仲間と乗り越えたい」と宣誓。実習に協力する農家などが「全国から農業に志を持つ生徒が来てくれた。地域全体で見守りたい」と激励した。

 同校は1950年、旧賀名生村が農業後継者育成のため設立。合併で五條市が設置者になった。4年制昼間定…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです